徹底してクオリティーとコストにこだわります
HOME > エル・スエヒロのこだわり > エル・スエヒロの歴史

エル・スエヒロの歴史

脈々と受け継がれる、フードサービスの哲学。

ルーツ
エル・スエヒロフードサービスのルーツは、大阪曽根崎新地の洋食店「弘得社」が、
昭和4年3月「ビフテキ専門店スエヒロ」を大阪堂島に開業したことにさかのぼります。
その後、昭和8年の東京銀座での開業を経て、昭和31年、お客様からの懇請を受けて
銀座スエヒロカフェテリアサービス株式会社が発足し、
本格的なカフェテリアサービス事業の展開が始まりました。
エル・スエヒロのルーツ
発展
発足以来、ステーキレストランとしての「のれんと信用」に頼ることなく、
他社に先駆けたフルサービス方式やファストフードの提供、セントラルキッチン方式による
低コストカフェテリアや焼きたてパンの導入など、絶えず改善を図り、
お客様のニーズに応えて新しいサービスを提案し続け、
確かな信頼を得ながら実績を積み上げてきました。事業運営の発展
融合
平成14年4月、社員寮や保養所などで給食事業を行っていた関西電力グループと
銀座スエヒロカフェテリアグループが手を取り合って、
株式会社エル・スエヒロフードサービスが誕生。
双方のグループがこれまでに培った、確かな信頼と豊かなノウハウを生かし、
既存事業の効率的な運営に留まらず、グループリソースを最大限活用して、
お客様のご満足を創造するフードサービスを展開しています。
事業運営の融合

関西電力グループと銀座スエヒロの融合図